ライフ

公務員が億を稼ぐには?|具体的な方法を紹介

億を稼ぐ公務員とは?

公務員の給料はある程度決まっています。

民間と平均して同じぐらいか少し安いぐらいではないでしょうか?

どんなに高くても1000万を少し超えるぐらいです。

地方公務員で年収1000万円を超えることは首長以外ではほとんどありません。

では、億を稼ぐ公務員とは、一体どういった人なのでしょうか?

億を稼ぐ「唯一の公務員」

僕が知っている公務員の中で一人だけ億を稼ぐ公務員がいます。

その公務員がやっているのは、「FX」です。

・・・「FX」?!・・・うさんくさいな・・・

「FX」と聞くとうさんくさく感じる人が多いと思います。

実際に僕もそう感じました。

億を稼ぐ公務員の働き方

「FX」は通常ハイリスクハイリターンと言われています。

実際にこの人もかなりのリスクを背負いながらリターンを得ているようです。

公務員として日中働いている間もその人の大きなお金は動いているのです。

大勝ちする時もあれば、大負けする時もあるようです。

普通の感覚では、それだけの大きなお金が動いていたら、正気で仕事をすることができません。

気になって仕方がない、という精神状態だと思います。

しかし、この人は違います。

平気な顔をして(実際に平気なのです。)仕事をするのです。

そして、仕事の他にも家業の農業を手伝ったりしています。

どのようにして億を稼ぐようになったのか?

やはりハイリスク・ハイリターンと言われる「FX」は、簡単にはいかないようです。

この「億公務員」も一度はどん底まで行ったそうです。

「億公務員」が言うには、「いつかは上がる」とのこと。

その「いつかは上がる」を待てずに、短期売買を繰り返すことで、損失が発生するそうです。

「億公務員」も良い時ばかりではありません。

「今日はレクサスが飛んでった」と言う日もあります。

それでも、そんな日もあれば、レクサスが2台手に入る日もあるので、トータルでプラスになっています。

この「億公務員」にとって「FX」とはあくまでゲーム。

ゲームに熱くならず、冷静に淡々と行います。

この淡々と作業できるかどうかが、億を稼げるか否かをわけます。

僕自身は、精神的に保つ自信が今のところないため、「FX」はしていません。

しかし、決まった給料をもらい続け、頑張っても天井の決まっている仕事からすると「億公務員」は確かに夢を感じます。

精神的に強く、ハイリスクの取れる人は、「億公務員」に挑戦してみてください。

精神的に保てる自信はないが、挑戦してみたい人は、仕事以外の時間内に終わるトレードに終始するのもありでしょう。

いずれにしても、夢のある話ではありますが、自己責任になるので、かなりの覚悟を持って、自信の精神力と向き合いながら付き合うのであれば付き合うべきです。

感情の起伏が激しく、淡々と作業ができない人は向いていないので、その点も注意してください。

-ライフ

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5