ライフ

食器洗いの無駄な時間を短縮するコツ〜食器洗いは食べる前から始まっている?〜

夕食を食べ終わって、さあ一服!とはいかず、家族全員分の食器洗いが待っている、ドヨーン・・・となる人は多いはず。

そんな人に無駄な時間を短縮する「食器洗いのコツ」について解説していきます。

食器洗いは食べる前から始まっている

食器洗いの無駄な時間を短縮するコツは、

  • なるべく少ない食器で食事をする

ことに尽きます。

夕食もなるべくワンプレートで済むように、そんな食器を持っていると便利です。

そのままシンクへはNG

食べ終わった後、そのままシンクへ・・・とやりがちですが、それはNGです。

一度、油物はキッチンペーパーで拭き取るなど、時短するには「食器洗いの予習」が必要です。

一度に完璧を求めない

洗い物をしていくと一度にキレイにしたいがために、あわあわで洗いまくってしまうことがよくありますが、これも好ましくありません。

一度に完璧を求めず、「まあ、もう一回洗うからいいや」程度の気持ちでスピード重視で洗う方が結果としては時短できます。

すすぎは大きいボールで

すすぎにも大量の水と大量の時間がかかります。

大きいボールを用意すれば、時間も水も節約につながります。

それでも時短できない場合は

それでも「時短できない、自分には無理だ」と思った方は、もう文明の機器を使うしかありません。

色々と調べる中では、トータルで「エコジーの食器洗い乾燥機」が良さそうでした。

4~5人用で他より大きめなのとコスト面からもおすすめです。

諦めるぐらいなら、お金で解決するのがいいかもしれません。

最後に

食器洗いには一日平均2回、一回あたり約20分かかると言われています。

ということは「食器洗い」だけで1日40分の計算になります。

感覚としては、夕食の食器洗いは20分なんかで済むはずがないので、1日1時間ぐらいはかかっているように思います。

その「無駄な時間」を少しでも減らし、余裕を生むことができれば、自身も家族もハッピーに過ごせるのではないでしょうか。

-ライフ

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5