用語

NPT(核拡散防止条約)をわかりやすく解説

NPTとは?

NPT(核拡散防止条約)とは?

日本を含む191の国と地域が加盟する多国間条約「核拡散防止条約」のことです。

「Treaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons」の略が「NPT」になります。

条約の目的は大きく3つあり、以下のとおりです。

  • 核不拡散
  • 核軍縮
  • 原子力の平和利用

冷戦化の1970年に発行されました。

核を保有していた米国、ソ連(現ロシア)、英国、フランス、中国を「核兵器国」と規定し、この5カ国に核軍縮に向けた「誠実な交渉」を義務付けています。

一方で、それ以外の「非核兵器国」による核兵器の開発や保有を禁じています。

事実上の核保有国とされるインドやパキスタンなどは非加盟で、北朝鮮は脱退を一方的に宣言しているなどの問題点も存在します。

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5