法律

留置権をわかりやすく解説

留置権とは?

他人のモノを占有している者が、

債権の弁済を受けるまで、モノを自分のところに「留め置く権利」のことです。

「留め置く権利」で留置権と言います。

具体的には、AがBに自動車の修理を出し、Bが修理完了したが、

Aが代金を支払わない場合、Bは自動車に対して留置権を主張し、

自動車の引き渡しに応じないということがあげられます。

民法では担保物権の一種として規定されており、

モノを「留め置く」ことで、債務者の心理を圧迫し、弁済を促進する効果があると考えられます。

-法律

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5