コラム

世界一の営業マンが結果を出すために実践していたこととは?

世界一の営業マン、ジョー・ジラードとは?

ものを売りたいと思っている人は多くいるはず。

本日は、その営業の世界でギネス記録を持っている

「ジョー・ジラード」を紹介します。

彼は、15年間で13001台の車を販売し、

「世界一の営業マン」としてギネス記録に載っています。

どんなに凄腕の営業マンかと思うかもしれませんが、

彼が自動車販売代理店に入社したのは、35歳の時です。

遅咲きの彼がそこから約15年で13001台の車を販売したのです。

ジョー・ジラードが実践したこととは?

彼がしたことは主に2つです。

1つ目は、「顔写真入りの名刺を配る」こと

2つ目は、「手紙を出す」こと

だそうです。

どうですか?誰でもできることですよね?

ジョー・ジラードも言っているのが、

「成功に奇策なし」

ということです。

キテレツな方法をすることよりも原理原則を大事に、

誠実に物事に取り組む方がはるかに得れる利益は大きいのです。

2つの方法について少しだけ詳しく見ていきます。

①顔写真入りの名刺を配る

彼は1週間に500通の名刺を配ることを自身に課していたそうです。

ただの名刺でなく、「顔写真入りの名刺」というのがポイントです。

そして、彼はこうも言っていたそうです。

「自分が気に入ったセールスマンと、納得できる価格。

この2つが一緒になれば、だれでも車を買いますよ。」

セールスマンとして、顔と名前を覚えてもらうためにも、

みんなと同じ名刺でなく、顔写真入りの名刺で営業をしたのです。

②手紙を出す

名刺を配ることと同時に、「手紙を出す」ことも大事にしていたと言います。

彼は、何千という自身の顧客に対して、毎月手紙を出していたそうです。

今は、SNSがあるので、営業の仕方も変わってくるはずです。

そんな時代だからこそ、逆に手紙で勝負をするか、いやSNSで勝負をするか、

考えさせられます。

最後に

ここでは世界一の営業マンの手法について見ていきました。

圧倒的な行動力が彼のすごさの一つです。

誰でもできることを誰でもできな量やったのが、

ジョー・ジラードであり、彼が尊敬され続ける理由でもあるのです。

彼に習うのは、「実践あるのみ」。

行動したもののみが、勝つのです。

-コラム

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5