法律

バイパス理論をわかりやすく解説

バイパス理論とは?

行政上の強制執行手続が法令で用意されている場合には、

司法上の強制執行は許されないとされる理論のことです。

「行政上の強制執行手続」をバイパスに例え、

バイパスを作ったのだから、わざわざ「司法上の強制執行」

という一般道を通るべきではないという理論になります。

行政は、行政目的の円滑な遂行・実現のために、この「バイパス」を活用する責務を負うことになります。

-法律

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5