コラム

仕事は「何をするか」より「誰とするか」

サラリーマンであれば、組織の中で思うようにいかないことがたくさんあります。

思うようにいかないことばかり、ということもできるでしょう。

希望の仕事ができずにいる人もたくさんいます。

しかし、「何の仕事をするか」よりも大事になってくるのが「誰と仕事をするか」です。

仕事の内容は、組織に属すれば、役割があるので、大きく見ると組織の目的からはずれていませんので、役には立っているはずです。

例えば、公務員で言えば、「清掃の仕事はやりたくない」と思ったとしても、「住民福祉のため」という大きな役所の目的があり、そのまちづくりの一端を担っているので、「やりたくない仕事」であっても「まちをつくっている」「住民福祉に役立っている」ということができます。

「今、何の仕事をしているか」はさして重要ではないのです。

一方、「誰とするか」は重要になってきます。

私の職場でも、皆が憧れる職場に配属されながら、病んでいる人がいます。

彼は、DV気質の上司の元、毎日上司の顔色を伺いながら仕事をしているというのです。

毎日が憂鬱で、特に休み明けなどは、とても暗い気持ちになるそうです。

組織には様々なタイプの人がいます。

組織に属する全員が自分にとって「良い」ということは、まずありません。

そういったことを考えていくと、「何をするか」はあまり重要ではないですね。

「何をするか」より重要なのは「誰とするか」です。

-コラム

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5