コラム

支持率と株価ばかり気にする政治って何?

今に始まったことではありませんが、政府は「支持率と株価」を気にし過ぎているのではないでしょうか?

これはマスコミにも責任があるように思いますが、いつも「内閣支持率」「今日の日経平均株価」を報道し、一喜一憂します。

そして、時にこれらは選挙のタイミングにすら影響するのです。

支持率と株価ばかり気にする政治って何なのでしょうか?

選挙によって国民から信任されたのであれば、その与えられた任期に公約を実現するように努めればいいのです。

そして、任期満了した時に、政策の成果を国民に問うべきなのです。

支持率と株価を気にするのではなく、本来何をするべきかを真に考え、実行するのが、国民に信任された政府の役割です。

「支持率と株価」を気にするのではなく、「公約を実現できたか、できなかったか」を気にする政治が望まれます。

-コラム

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5