コラム

「国に問い合わせる」県の担当者はすぐに不要になる。

ある福祉サービスの申請手続きで、市が受理をし、県が審査するというものがありました。

この福祉サービスの申請に対する審査庁は「県」で、決定権者も「県」になります。

市から県に申請書を送って、しばらくして、県から電話がありました。

「例外的なケースのため、国に問い合わせをしています。国から正式な回答を待って、審査結果をお伝えします」とのことでした。

もう一度言いますが、今回の件は、審査庁は「県」で、決定権者も「県」なのです。

例外的なものであっても、国に問い合わせず、県自身が法令の則って判断をすればいいだけの話です。

「判断できないから国に聞く」では、審査庁としての存在価値はありません。

自分の頭で考え、決定ができない審査庁など、今後真っ先に不要になるのでは?と心配にすらなってしまいます。

-コラム

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5