行政

EBPMをわかりやすく解説

EBPMとは?

根拠に基づく政策立案にことです。

Evidence-based Policy Makingの略語です。

政策の立案を合理的・客観的な根拠(エビデンス)

に基づいて行うことを指します。

EBPMが注目されるようになった背景

最近では自治体現場でもEBPMという概念が注目されています。

EBPMが注目されるようになった一つの要因として、

教育経済学者である中室牧子さんの

「「学力」の経済学」という本がベストセラーとなったことがあります。

本書では、データに基づいて社会事象を分析し、

効果的な政策立案するというまさにEBPMを示し、

大衆に支持されました。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5