行政

行政計画をわかりやすく解説

行政計画とは?

行政権が一定の公的な目的のために

目標設定し、その目標を達成する

ための手段を総合的に提示するもの

のことを「行政計画」と言います。

公的な目標を実現するためのガイドラインみたいなものです。

背景

行政計画という考え方は、1960年代以降に

注目されるようになりました。

1960年代といえば、高度経済成長期で、

経済成長と同時に、人口の流入流出の偏りや

公害の発生など多くの問題が出てきた時代です。

「計画的なまちづくり」の必要性から1968年、

都市計画法の改正がされ、都市の無秩序な拡大を防ぐための

法整備がされました。

種類

行政計画には主に、

  • 拘束型計画
  • 非拘束型計画

の2種類に分類されます。

拘束型計画の例としては、都市計画などがあげられます。

非拘束型計画の例としては、

「行財政健全化計画」「所得倍増計画」などがあげられます。

法律との関係

行政計画について、法律の根拠が必要か否かは、

  • 拘束型計画:必要
  • 非拘束型計画:不要

として整理されます。

拘束型計画については、最近の判例で、

行政処分性を肯定しており、

訴訟での救済の可能性もあるとされています。

実際、都市計画などは、区域内の住民にとっては、

生活に関する権利に密接に関わってくるため、

行政処分性があるものと考えられます。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5