コラム

朝4時に起きる。

成功者には早起きが多い?

「早起きは三文の徳」と言うように、昔から早起きは良いと考えられています。

ビジネスの世界でも成功する人に共通するのは、早起きということです。

早起きの代表格としては、アップルのCEOであるティム・クック氏があげられます。

ティム・クック氏は、9時に寝て、4時に起きるという生活を続けていると言います。

4時に起きて、ユーザーのコメントを読み、5時にはジムへ向かうといいます。

スターバックス元CEOのハワード・シュルツ氏は、毎朝4時半に起きて、3匹の犬と散歩し、その後自分と妻のためにコーヒーを入れるとのことです。

ディズニーの元CEOである、ロバート・アイガー氏は、朝4時半には起床して、運動をしたりメールチェックをしたりするといいます。

成功している人の「早起き習慣」をあげるとキリがありません。

朝4時起きの効用

なぜ、成功する人たちは早起きを習慣にするのでしょうか?

自分の時間を確保できる。

一番は、これにつきます。

朝4時に起きると周囲は寝静まって、静かな時間が与えられます。

周囲に邪魔をされず、自分のやりたいことをする「クリエイティブな時間」を得ることができるのです。

朝の時間を使い、「自分のやりたいこと」をし、自分の人生を有意義にしていくので、どんどん充実した人生になっていくのです。

健康になる。

早起きを習慣にすることで、健康にもなります。

施策の部分でも述べますが、早起きをしようと思えば、早く寝る必要が出てきます。

早く寝るためには、健康的な生活習慣が必要になります。

夜遅くまで、飲み歩くなんてこともなくなるので、健康にはもってこいです。

また、朝の時間を運動にあてる人たちもいます。

ますます健康になっていきます。

時間にゆとりが生まれ、家族に優しくなれる。

これも、とても素晴らしい早起きの効用です。

サラリーマンは、日々時間に追われています。

そして、家族と向かい合う時間も切り詰めながら生活を送る人が多くいます。

早起きをすることで、時間に余裕が生まれ、家族にも優しく接することができます。

実際に、早起きをする成功者たちは、多くの場合、家族をとても大切にしています。

家族のための時間も取りやすくなるのが「早起き」です。

夢が叶う。

早起きをし、「自分の時間を確保する」ことで、自分の夢にも近づきます。

例えば、「海外旅行したい」「○○の仕事をしたい」「会社を辞めて、独立したい」など多くの人は「やろうと思えばできるけど、中々実行にうつせない」夢を持っています。

これらを実現するために、行動する時間を得ることができるのも「早起き」「朝4時起き」なのです。

実際、早起きをはじめ、自分の時間を確保し、行動力も高まり、こういった夢を実現させる人もたくさんいます。

お金持ちになる。

カレーハウスCoCo壱番屋の創業者である宗次徳二氏も早起きで知られています。

宗次氏は、

「早起きは3億の得。超早起きは30億円の得」と述べています。

お客様アンケートを読むために、超早起きを始めま、何十年と続けた実感として、その価値を認めています。

俳優の哀川翔氏は、「早起きは3億の徳」と主張しており、このタイトルで著書も出しています。

朝4時起きにするための施策

早起きの効用については、理解してもらえたと思います。

実際に、早起きになるための施策について、述べていきます。

早く寝る。

一番手っ取り早いのは、これです。

11時に寝ていたのを9時半にしてみると、朝の時間がまるで変わってきます。

早く寝ることで、その分早く起きることが可能になりますが、それ以上に効果があります。

早く寝るための生活習慣が身につき、健康にもなります。

可能であれば、早く寝るのが手っ取り早いです。

運動をする。

睡眠の質を高めるためには、日常的に運動をする必要があります。

運動をすることで、睡眠の質は高まり、同じ時間に寝ても、早くスッキリ起きれます。

運動もやり過ぎは、逆に良くないですが、適度な運動は絶対に必要です。

忙しいビジネスマンも時間を見つけて、少しずつでもいいので、運動をするべきです。

食べ過ぎない。飲み過ぎない。

食事の量と睡眠時間はある程度比例することが分かっています。

前日に暴飲暴食をすれば、朝起きるのがツラくなるのは、感覚的にも理解できるのではないでしょうか?

食べ過ぎ、飲み過ぎの悪習慣を断ち、適度な飲食を心掛ければ、早起きに近づけます。

寝る前にストレッチをする。

これがあながち馬鹿にできません。

ストレッチをするしないで、起きるときのツラさが違ってきます。

ストレッチをし、血流を良くすることで、朝がスッキリ起きれます。

朝4時起きになった先に

ここまで「早起き」「朝4時起き」の効用について、述べました。

「朝4時起き」の素晴らしさは、実際に体験してみないとわかりません。

そして、「朝4時起き」を達成した先には、上記に代表する「明るい、充実した未来」が待っています。

ぜひ、「朝4時起き」を実行し、一人一人が、充実した人生を手に入れることを願います。

※本記事は、朝4時に起きて、書きました。

-コラム

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5