行政

憲法尊重擁護義務をわかりやすく解説

憲法尊重擁護義務とは?

天皇または摂政および国務大臣、国会議員、裁判官その他公務員は、

憲法を尊重し、守らなければならない、とする義務のことです。

立憲主義の大前提といえるものです。

憲法では、99条で規定されています。

憲法というのは、「国民から国家へのメッセージ」であり、国家権力を縛るものです。

その憲法を公権力を扱う公務員らは守るべきですよ、といのが憲法尊重擁護義務です。

憲法の中でも大事で重たい条文の一つであり、近代国家の根底をなす考え方でもあるのです。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5