行政

羈束行為をわかりやすく解説

羈束行為(きそくこうい)とは?

羈束(きそく)とは、「つなぎ、しばる」ことを意味します。

行政行為の中でも、行政庁の判断に裁量の余地がない行政行為のことです。

例えば、法律で「禁錮以上の刑に処せられ、刑の執行終了後、2年を経過していない者」

の申請を許可してはいけないと定められていたとします。

この場合、行政庁は申請を拒否しなければなりません。

そのため、この行政行為は「羈束行為」ということができます。

「羈束行為」とは、反対の意味を持つ言葉として「裁量行為」があります。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5