用語

権利外観法理をわかりやすく解説

権利外観法理とは?

権利外観法理とは?

他人が権利者であるかのような外観を、真の権利者が作った場合、外観を信じて取引をした第三者を保護する法理のことです。

「権利」の「外観」を信じた人を保護する法理論であることから「権利外観法理」といいます。

「権利外観法理」の目的は、取引の安全性・迅速性を守ることにあります。

権利外観法理の具体例

例をあげます。

AがBを代理人としてCに紹介したとします。

ところがBは実際のところ代理人としての要件を具備していません。

Bを紹介されたCは、Bを代理人と信じ、取引をします。

結論として「権利外観法理」からBが真の代理人でなくても、取引の効果はAに帰属することになります。

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5