用語

棄却と却下の違いをわかりやすく解説

棄却と却下の違いとは?

棄却と却下の違いとは?

「棄却」とは、裁判所が原告の請求を審理した結果「理由なし」と判断し、訴えが退けられることをいいます。

「却下」とは、訴えの手続きそのものが要件を欠き、審理を打ち切ることをいいます。

棄却審理の結果、訴えが退けられる
却下審理以前に打ち切り(門前払い)

「棄却」は審理した結果であり、戦ったけどダメだったもの

それに対して「却下」は門前払い、戦わずしてダメだったもの

ということができます。

最高裁の判例を見ても「上告棄却」という判決はよく目にしますが、「却下」はほとんど見ることがありません。

法律のプロが門前払いというのは、あまりないですよね?!

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5