法律

一物一権主義をわかりやすく解説

一物一権主義とは?

同一内容の物権は、一つの物に対して一つしか成立しないという原則のことです。

また、物権の対象となる物は、物の全体であって、一部ではいけないという原則のことです。

前者のことを「物権の排他性」と言ったりします。

一物一権主義の趣旨としては、以下の二点です。

  • 通常は、数個の物の上に一個の物権を設定するだけの必要性がない
  • 数個の物に一個の物権を認めても公示が困難である

とにかく、「一つの物に一つの権利」という考え方のことです。

-法律

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5