用語

サハリン2をわかりやすく解説

サハリン2とは?

サハリン2とは?

ガスプロム社(ロシア国営ガス会社)、シェル社(イギリス石油大手)、三井物産、三菱商事の4社が出資する石油・ガス複合開発事業のことです。

サハリン2プロジェクトとも言います。

所在地であるロシア連邦ユジノサハリンスクは、ロシア連邦共和国の極東、北海道宗谷岬の北方に位置しています。

事業概要は以下のとおりです。

事業名サハリン2(サハリン2プロジェクト)
事業会社サハリンエナジー
株主構成ガスプロム社(50%+1株)、シェル社(27.5%-1株)、三井物産(12.5%)、三菱商事(10%)
事業内容石油・LNG複合事業
所在地ロシア連邦ユジノサハリンスク
生産能力原油:1.5万バレル/日、LNG:1000万トン/年(日本は約600万トンを輸入)
事業のメリット中東に比べ、日本との距離が近く、輸送費が抑えられる

経過

1994年:ロイヤル・ダッチ・シェル、三井物産、三菱商事が運営会社を設立

2007年:ガスプロム社(ロシア国営ガス会社)株式の過半数を取得

2008年:原油の通年生産・出荷開始

2009年:液化天然ガス(LNG)の出荷開始

2022年2月:ロシアがウクライナ侵攻開始

2022年6月:プーチン大統領が事業を新会社に移す大統領令に署名

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5