行政

都市計画税をわかりやすく解説

都市計画税とは?

都市計画事業又は土地区画整理事業から利益を受ける者に対して課される税です。

一定の区域内に所在する土地及び家屋の所有者に負担が求められます。

性質

都市計画税は、都市計画事業又は土地区画整理事業に要する費用に充てるために課する市町村の目的税です。

課税判断

都市計画税の性格から、地域における都市計画事業等の実情に応じて、

課税をするか否か、また課税したとして税率水準をどの程度にするか、

市町村の判断に委ねられています。

なお、制限税率は、0.3%となっています。

課税標準、賦課徴収

  • 課税標準は、固定資産税の課税標準となるべき価格により課すこととされています。
  • 賦課徴収は、固定資産税の賦課徴収の例によるものとし、特別の事情がある場合を除くほか、固定資産税の賦課徴収と併せて行うものとされています。

※課税標準:税額を計算するときに、税率を乗じる対象となる価額のこと

賦課徴収:自治体の判断により決められた税額を徴収すること

このため、都市計画税の課税事務は固定資産税の課税担当部署が所管することが多くあります。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5