コラム

行政改革が進まないのは「決断できるリーダーの不在」

行政改革が進まない。

行政改革の必要性を感じている人は多くいます。

行政改革の担当部署を創設している自治体は、国内にも数多く存在します。

しかし、中々進みません。なぜでしょうか?

結論から言えば、「覚悟を持って、決断できるリーダーがいない」からなのです。

情熱のある担当者は、少しはいます。

それでも、そういった担当者に任せ切るリーダーというのは中々いません。

リーダーたる人の資質を持っていないリーダーばかりが選挙で選ばれてしまうのです。

それもそのはず。

選挙では選択肢がありません。

数人の中から選ばないといけません。

また、その数人もリーダーとして適しているかどうかはわからないのです。

日本人がそもそもリーダー気質があまりないような気がします。

教育のせいでしょうか。

とにかく、行政改革を進めるには、リーダーが覚悟を持って、決断することが大事です。

そのために、適材適所、人を活かす必要もあります。

リーダーの責任は重たいですね。

-コラム

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5