用語

物上代位をわかりやすく解説

物上代位とは?

物上代位とは?

ある目的物が売却・滅失などすることで債務者が受ける債権を被担保物権者がその権利を「代位」して受けることのできることです。

例えば、債権者Aが債務者Bにお金を貸しており、債務者Bの所有する建物Cに抵当権を設定していたとします。

債務者Bが建物Cを売却した場合、債権者Aは売却代金に対して抵当権を行使できます。

この債権者Aのする「抵当権の行使」を物上代位といいます。

物上代位が認められているものとして、次の権利があげられます。

  • 抵当権
  • 質権
  • 先取特権

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5