行政

DBO方式をわかりやすく解説

DBO(Design Build Operate)方式とは?

DBO方式は、行政が国の交付金や公債等を活用し、

施設建設資金を低金利で調達し、

民間事業者に施設の設計・建設・運営・維持管理を

一括で担わせる方式のことです。

事業者に、設計(Design),建設(Build),運営(Operate)

を一括して委ねることから、この名前がついています。

資金調達を民間が行うPFI方式とは異なりますが、

民間の施設整備や運営・管理のノウハウ等を

活用する事業手法という点で、

PFI方式とDBO方式は同様に

扱われることが多々あります。

PFI方式とDBO方式の比較対照表は

以下の通りです。

手法設計・建設
(Design/Build)
運営・維持管理
(Operate/Maintenance)
資金調達
(資金内容)
施設所有者
BOO方式(PFI)民間
(事業契約)
民間
(長期契約)
行政:交付金
民間:融資等
民間
BOT方式(PFI)民間
(事業契約)
民間
(長期契約)
行政:交付金
民間:融資等
民間
BTO方式(PFI)民間
(事業契約)
民間
(長期契約)
行政:交付金,一財
民間:融資等
民間
DBO方式民間
(請負契約)
民間
(長期契約)
行政:交付金,起債,一財行政
従来方式
(公設公営方式)
民間
(請負契約)
行政
(短期契約)
行政:交付金,起債,一財行政

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5