行政

【行政用語】委託とは?わかりやすく解説

委託とは?

委託とは?

「国や地方自治体が、自らの業務を民間にお願いすること」を指します。

国や地方自治体と委託を受けた民間は、対等な立場にあります。

具体例

「委託」の具体例として、以下のものがあげられます。

  • 児童クラブの運営委託
  • ウェブサイトの制作委託
  • 調査委託
  • 公園の草刈り委託
  • 道路の修繕委託

例えば、「ウェブサイトの制作委託」では、本来「ウェブサイトの制作」は行政の仕事になります。

行政の仕事なのですが、「専門性が高い」「職員自らが行うと効率が悪い」などの理由から外部に「委託」をします。

委託と補助の違いは?

「委託」に似たものとして、「補助」というものがあります。

両者は、行政のお金が民間に渡るという点においては共通しています。

両者の違いについては、以下のとおりです。

  • 本来、行政がするべき業務を依頼するのが「委託」
  • 本来、民間がするべき業務を支援するのが「補助」

「委託」の場合は、業務の主体は「行政」です。

「補助」の場合は、業務の主体は「民間」になります。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5