行政

代理ミュンヒハウゼン症候群をわかりやすく解説

代理ミュンヒハウゼン症候群とは?

ミュンヒハウゼン症候群は、周囲の関心を引くために病気のフリをしたり、自らの体を傷付けたりする精神疾患ですが、代理ミュンヒハウゼン症候群は、子どもや要介護者を傷付け、自分に関心を引き寄せようとするものです。

子どもや要介護者など身近な人に「代理」させることから、このような名称がついています。

解説

児童虐待でも、近年度々取り上げられることがあります。

子どもに尋常でない量の薬を飲ませ、その子どもを看病したりします。

虐待はあくまで手段であって、目的は、「看病をする自分に同情してもらうこと」にあります。

「ほら吹き男爵」と呼ばれていたミュンヒハウゼン男爵からこの名称がついています。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5