行政

標準財政規模をわかりやすく解説

標準財政規模とは?

地方公共団体で通常収入されると考えられる経常的一般財源の

規模を示す指標のことで、次の算式によって求められます。

標準財政規模=標準税収入額等+地方譲与税等+普通交付税+臨時財政対策債発行可能額

意義

標準財政規模は、地方公共団体が標準的な行政活動を行うために

必要な経常的一般財源(地方税、普通交付税、地方譲与税等)

の総量を示すものです。

普通交付税との関連性からもそういった意義が見てとれます。

したがって、各種の財政分析指標(例えば、実質収支比率、実質公債費比率等の算出など)

に使われたり、財政運営の基準として利用されることが多くあります。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5