行政

内閣不信任決議権をわかりやすく解説

内閣不信任決議権とは?

衆議院が内閣に対して「不信任」という意思表示をする権利のことです。

衆議院で内閣不信任決議が可決されると

  • 内閣総辞職
  • 衆議院解散

の二者択一を迫られます。

議院内閣制の元では、内閣の存立が議会の意思に委ねられているため、このような仕組みになっています。

日本の議院内閣制の本質的要素であると考えられています。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5