行政

審査請求前置主義をわかりやすく解説

審査請求前置主義とは?

行政処分について不服を申し立てる場合、審査請求手続きを経た後でなければ、

行政処分の取消訴訟は提起できないという考え方です。

行政事件訴訟法では、行政上の不服申立て(審査請求)と取消訴訟のいずれを選択するかは、

本人の自由に委ねるのが原則です。

審査請求前置を設けておかなければ、

大量の不服申立てを裁判所が処理しなければならない場合

(国税通則法や国民年金法上の規定など)があるため、

このように裁判所の負担が過大になる場合には、審査請求前置が規定されています。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5