行政

交付税検査をわかりやすく解説

交付税検査とは?

地方交付税の適正な算定と配分の公平を保つために、

地方交付税の算定に用いた資料について行われる検査のことです。

検査の実施は、都道府県や指定都市等については総務大臣が行い、

その他市町村については都道府県知事が行います。

検査対象は、普通交付税及び特別交付税の算定に用いた資料全てになります。

各地方公共団体において最低3年に1回は本検査を行うこととされています。

検査で見つかった基礎数値等の誤りは錯誤として、是正の措置が講じられます。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5