行政

特別自治市をわかりやすく解説

特別自治市とは?

政令指定都市が独立し、市域内の県税を全て市税に移管し、現在は県の担う業務も市に移管する大都市制度のことです。

現時点では、特別自治市は存在せず、構想段階です。

特別自治市にするメリットは、

・政令指定都市は、域内の県税が掌握できるため、より自立した財政運営が可能になる。

・無駄の多い広域行政、二重行政の是正につながる。

デメリットとしては、

・県税で行われている富の再配分ができなくなり、県内周辺自治体の財政力が落ち、人口流出や過疎化が懸念される。

・県内の政令指定都市外の自治体の行政サービス低下が懸念される。

ことがあげられます。

道州制や大阪都構想のように、広域行政や二重行政の無駄を減らす流れや世論を考えると、

本制度は、近いうちに実現してもおかしくありません。

デメリットとして、懸念される点も、周辺自治体の創意工夫により、

解決することも不可能ではありません。

国が「富の再配分」の役割を果たしている面もあるので、

今更、都道府県という枠組みに固執し過ぎる必要もないのではないでしょうか。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5