行政

スポイルズ・システムをわかりやすく解説

スポイルズ・システムとは?

日本語では「猟官制度」と訳します。

選挙で選出された者が、自己に忠実な者を公務員として、任用する仕組みのことです。

ジャクソン第7代アメリカ大統領が、このスポイルズ・システムを用いて、アメリカの民主主義は、一歩前進したと言われています。

ジャクソン大統領は、彼の選挙に貢献した人たちを手柄に応じて、官職を与えました。

問題の多いシステムに感じる部分もありますが、ジャクソン大統領には、以下の信念があったと言います。

「どんな平凡な人でも役人は務まる」

今でもアメリカでは政権が代わる度に、上級公務員が入れ替わります。

スポイルズ・システムの名残があるのです。

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5