用語

不法原因給付をわかりやすく解説

不法原因給付とは?

不法原因給付とは?

不法な原因(目的)のためになされる給付のことです。

例として、愛人契約や賭博契約に基づく給付があげられます。

愛人契約や賭博契約は、公序良俗に反しているため無効になります。

無効であれば、通常、給付した者は返還請求が可能です。

しかし、その返還請求を認めると、違法行為をした者が法律で保護されるため、妥当な結論となりません。

そのため、不法な原因(目的)のために給付した者には返還請求ができないとされています。

民法第708条(不法原因給付)

不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない。ただし、不法な原因が受益者についてのみ存したときは、この限りでない。

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5