用語

定年引上げ制度をわかりやすく解説

定年引上げ制度とは?

定年引上げ制度とは?

地方公務員の定年年齢が段階的に60歳から65歳に引上げられる制度のことです。

2021年に地方公務員法が改正され、地方公務員の定年年齢が2023年4月の施行日以降、2年に1歳ずつ段階的に引上げられます。

2031年度には65歳が定年年齢になります。

定年引上げにあたって、

  • 役職定年制の導入
  • 60歳を超える職員の給料水準を60歳前の7割水準に設定
  • 60歳に達した日以降に退職する場合は「定年」と同様の退職手当を支給
  • 定年前再任用短時間勤務制の導入

などが行われます。

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5