用語

次世代型原発とは?わかりやすく解説

次世代型原発とは?

次世代型原発とは?

現在の原子力発電に比べ、安全性が高く、エネルギー効率の向上が期待できる原子力発電のことです。

次世代型は、新技術を採用し、次世代を担うために開発・研究が進んでいます。

次世代型原発の主な種類は以下のとおりです。

  • 革新軽水炉:安全性強化。既存技術をベースにデジタル技術等を活用。最も開発が進む
  • 小型モジュール炉(SMR):安全性を向上。出力が従来型原発より小さい。設備の大半を工場で生産
  • 高温ガス炉:高効率。炉内温度が高温。ヘリウムガスで冷却するため水素爆発の恐れがない
  • 高速炉:高効率。核のごみが少ない
  • 核融合炉:安全性が高い。水素原子が核融合する際のエネルギーを活用

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5