法律

刑法第199条をわかりやすく解説〜殺人〜

条文

第百九十九条 

人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。

わかりやすく

人を殺した人は、死刑か「無期か五年以上の懲役」に処する。

解説

「又は」と「若しくは」を突きつけられる条文です。

「又は」も「若しくは」も並列で使う言葉です。

「死刑」と「無期若しくは五年以上の懲役」で、一つ並列に分けています。

「無期」と「五年以上の懲役」で、もう一つ並列に分けています。

まずは、「死刑」か否かが重要ですよね。

なので、そこで区切っています。

その後、「無期」か否かで区切っています。

「又は」と「若しくは」の勉強にもなるのが本条文です。

-法律

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5