法律

憲法第1条「象徴としての天皇」をわかりやすく解説

条文

憲法第1条【天皇の地位】

天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

わかりやすく

「天皇は日本の象徴(シンボル)です。このことは、主権者である国民みんなで決めたことです。」ということになります。

解説

天皇制については、しばしば議論が起こります。

賛成の人、反対の人、どちらでもない人など考えも態度も様々な立場があります。

しかし、本条文を見れば、天皇という存在は、国民みんなで決めた日本を象徴(シンボル)するものになります。

天皇制についての賛否の議論はあっていいものですが、前提として、今の私たちがどんな立場にいるのかは理解していた方が良いです。

そうすることで、憲法はより良い憲法になっていくことでしょう。

-法律

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5