法律

「エホバの証人剣道実技拒否事件(最高裁平成8.3.8)」をわかりやすく解説。

事件の概要

市立A高等専門学校の生徒Xは、「エホバの証人」の信者であり、教義に従って、剣道実技を拒否した。

これに対して、A高専は、Xの体育の単位認定をせず、留年・退学の処分を行った。

Xは処分取消しの訴えを提起。

1審は請求棄却、2審は請求認容。

Aが上告。

判決の概要

上告棄却。

  • 剣道実技の履修が必須とまでは言い難く、代替的方法で教育目的は達成できる。
  • 剣道実技拒否理由は、Xの信仰と密接に関連する。
  • 本件各処分は、裁量権の範囲を超える違法なもの。

事件・判決のポイント

代替措置を検討し、議論を尽くした結果が、本件であれば、結論は違っていたかもしれません。

事件データ・全文

事件データ

全文

-法律

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5