法律

労働契約法第16条をわかりやすく解説〜解雇〜

条文

第十六条(解雇)

解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。

わかりやすく

解雇は、客観的にみて、合理的な理由がなく、通常の感覚で妥当と認められない場合は、権利を濫用したとして、無効とする。

解説

「解雇」となるのは、よっぽどの事がない限り、ありません。

「解雇」というのは、従業員からすれば、

会社からの一方的な処置であるため、

太刀打ちする事ができません。

よっぽどの理由(例えば、凶悪な刑事事件を発生させるなど)

があれば、仕方ないでしょうが、

多少のことで「解雇」となることはありませんので、

もし不当な「解雇」があれば、弁護士事務所に相談に行くなど

行動をした方がいいでしょう。

-法律

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5