用語

職業選択の自由をわかりやすく解説

職業選択の自由とは?

職業選択の自由とは?

「職業(以下、参照)」を決定する自由のことです。

憲法により保障されています。

憲法第二十二条 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

職業選択の自由は無制約に認められるものではなく、公共の福祉によって制約を受けます。

具体的には、医師や弁護士のように誰でもその職業に就けるわけではなく、「国民の健康」や「社会正義の実現、社会秩序の維持」などを目的とし、資格制が採用されています。

「営業の自由」もこの「職業選択の自由」に含まれます。

職業とは?

「職業」は、人が社会において、自己の生計を維持するためにする継続的活動のことを指します。

「職業」には、分業社会において、

  • 社会的機能分担
  • 個人の人格的価値と不可分

という2つの性質があります。

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5