用語

シュタットベルケ構想をわかりやすく解説

シュタットベルケ構想とは?

シュタットベルケ構想とは?

ドイツの地域公共サービスを行う事業体「シュタットベルケ(Stadtwerke)」を参考に、地元密着型のエネルギー事業を展開しながら、地域課題解決に取り組む構想のことです。

生活サービス事業などの新しい産業や雇用の創出など地域の活性化を目指します。

シュタットベルケとは?

シュタットベルケとは、都市公社のことで、その地域に特化して、経営をします。

事業は、電気・ガス・水道などの社会インフラ事業や廃棄物処理や清掃、公共交通などと幅が広いです。

シュタットベルケごとに異なりますが、

  • 地元自治体が100%出資するもの
  • 他自治体・民間企業と共同運営するもの
  • 上場企業

など様々な形態で運営されています。

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5