用語

屋外広告物事務をわかりやすく解説

屋外広告物事務とは?

屋外広告物事務とは?

屋外広告物に関する自治体の事務のことです。

看板などの屋外広告物に関しては、「良好な景観を形成し、若しくは風致を維持し、又は公衆に対する危害を防止する」ことを目的に屋外広告物法に基づき条例等により、規制が行われています。

主なものは以下のとおりです。

  • 屋外広告物の表示、設置の許可に関する事務
  • 屋外広告物に対する指導監督、除却に関する事務
  • 禁止地域、禁止物件の指定に関する事務
  • 屋外広告業の登録に関する事務
  • 屋外広告物講習会に関する事務
  • 屋外広告物審議会に関する事務

権限移譲について

屋外広告物は景観を形成する重要な要素であり、屋外広告物規制等は景観行政推進のために重要な役割を果たします。

都道府県では、市町村の景観行政推進や個性豊かな地域づくりを後押しするため、屋外広告物事務の移譲を進めているところが多くあります。

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5