行政

地方財政計画をわかりやすく解説

地方財政計画とは?

「地方団体の歳入歳出総額の見込額」のことです。

地方交付税法第7条の規定に基づくものです。

本条文には以下の文言があります。

  • 内閣は、毎年度左に掲げる事項を記載した翌年度の地方団体の歳入歳出総額の見込額に関する書類を作成し、これを国会に提出するとともに、一般に公表しなければならない。

この趣旨は、①地方財源の保障②国民経済と地方財政との調整③地方行政運営の指標の三点にあります。

地方財政計画の内訳

地方財政計画の内訳は以下のとおりです。地方交付税法第7条に書かれています。

①地方団体の歳入総額の見込額及び左の各号に掲げるその内訳

  • 各税目ごとの課税標準額、税率、調定見込額及び徴収見込額
  • 使用料及び手数料
  • 起債額
  • 国庫支出金
  • 雑収入

②地方団体の歳出総額の見込額及び左の各号に掲げるその内訳

  • 歳出の種類ごとの総額及び前年度に対する増減額
  • 国庫支出金に基く経費の総額
  • 地方債の利子及び元金償還金

-行政

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5