先進事例

デジタルツインの活用「バーチャル・シンガポール」(シンガポール)

背景

  • 世界屈指の人口密度
  • 活発な都市開発による渋滞や建物建設時の騒音
  • 政府機関や省庁の連携が悪く、工事に無駄が多い

事例の概要

デジタルツインを活用し、国土全てを仮想空間に再現。

道路、ビル、住宅、公園などを全て3D化し仮想空間にまちを再現し、その仮想空間でシミュレーションを実施。

現実空間では困難なシミュレーション等を行うことで、まちづくりの将来設計をすることも可能になる。

効果

  • まちづくりの将来設計が可能になる
  • 社会実験等が容易になり、コスト・時間等の削減につながる
  • 工事の効率化

解説

シンガポールは世界屈指の人口密度であり、都市開発が活発なため、デジタルツインが有効と言えます。

-先進事例

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5