先進事例

送迎マッチングサービスの導入(福島県伊達市)

背景

H18年、5町合併により現在の伊達市となる。

①人口減少、高齢化

②過疎地域では約40%が通院、買物などの移動を制限している実態

事例の概要

  • 送迎を担当する住民有志と送迎依頼者をマッチングするサービスを導入(富士通のシステム)
  • 送迎担当者の空き時間や位置情報を元にマッチングし、人的資源を最大限活用

取組みの詳細

  • デジタルデバイド対策として、スマートフォンなどを使うことができない利用者向けの取組。具体的には、電話による受付センターを開設。可能な限り、地域実態を知る現地人材にて対応できる体制を構築。
  • 実証実験期間中は、運転手は無償送迎。有償化が必要になった場合、自家用有償旅客運送制度に則り、関係者合意等の手続取得を想定。
  • 既存デマンド交通と、システムを一元化し、トータルコストの圧縮及び適材適所に配車できる姿を目指す。

効果

  • コミュニティバス等、自治体支出の削減
  • 既存交通手段で補えないニーズを、助け合い送迎で補う。
  • 過疎高齢化地域住民の外出機会の増加

伊達市の概要

場所:福島県北部

人口:約58,000人 (R3.11現在)

面積:265.1㎢

(参考)伊達市

-先進事例

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5