ライフ

コンビニマネーから資産を守る方法〜コンビニ時代の幸福論〜

便利快適なコンビニ

今や街中至るところにコンビニがあります。

多くの人が毎日のようにコンビニに吸い込まれていきます。

どの観光地や商業施設よりも集客力があり、トータルでお金を使ってしまうのがコンビニです。

コンビニの便利、快適さは実際にスゴイです。

話はそれますが、今はコンビニでゴミが捨てにくくなりました。

私がコンビニオーナーであれば、利用者がゴミを捨てやすくします。

ただし、ゴミは捨てていいから分別はしてください、とします。

ゴミを捨てやすくすることで、現状以上の集客が見込めます。

コンビニ側は「便利快適」を徹底して追及すれば、まだまだ儲けることは可能です。

便利快適は人を不幸にする?

便利快適過ぎるコンビニですが、果たして人々を幸せにしているのでしょうか?

経済困窮世帯の多くはコンビニで買い物を日常的にしています。

そして、経済困窮世帯の多くは、携帯でのクレジット払いや電子マネーを使います。

この機能もとても便利です。

「便利快適」というのは時に、自分を見失わせます。

「今」にしか目がいかず、「将来」に対する視線を奪います。

人のライフスパンを考えると刹那的な便利快適というのは、人を幸せにするかというと疑問があります。

コンビニマネーからの資産防衛術

とは言え、世の中は便利快適になりました。

便利快適なコンビニから資産を守るのは今の時代、困難です。

どのようにすればいいのでしょうか?

一つは、コンビニに行かないという強い意思を持つことがあげられます。

ただし、これにはかなりの強い意思が必要です。

二つ目がオススメです。

二つ目は、「現金払いを続ける」です。

人間、便利快適だと消費行動も加速します。

一定の抑制をするために、あえて便利ではない「現金払い」を続けるのが良いです。

経済困窮世帯の多くはコンビニで電子マネー等を使用していると前述しました。

逆に言えば、「現金を使い続ける」ことで無駄な支出は抑制することができますし、経済困窮しない確率も高くなります。

三つ目は、コンビニを視界にいれない環境をつくることです。

住む場所を選ぶ際にコンビニが遠い場所を選んだり、通勤通学経路を変えてみたりするのが良いかもしれません。

「便利快適」な欲望の渦の中で生きていくのは大変なことですが、ぜひ自分流のコンビニマネーからの資産防衛術を編み出してください。

その先には、自分の資産が守られた明るい未来が待っているはずです。

-ライフ

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5