成功者に学ぶ

施設入所児童に伝えたいチャップリンの言葉〜自己肯定感こそが財産である〜

イギリスの映画俳優・映画監督で「喜劇王」の異名を持つチャールズ・チャップリンは以下の言葉を残しています。

人に大切なのは、自信を持つことだ。

私が孤児院にいた時、腹を空かせて、街で食い物をあさっていた時でも、自分では世界一の役者のつもりでいた。

勝ち気だったのだ。

これを無くすと、人は打ち負かされてしまう。

1歳の時に両親が離婚し、7歳の頃に母が精神を病み、チャップリンとチャップリンの異父兄は、孤児院を転々としました。

そんな時では、チャップリンは「自分に自信を持っていた」というのです。

昨今の子どもの貧困問題では、「自己肯定感が低い(自信が持てない)」ことが問題であることがわかっています。

複雑な家庭環境で育った子どもたちは、自分に自信が持てないまま、社会に出ていき、居場所を見つけることができずにいる場合があります。

チャップリンのように「自信を持つ」ことができれば、どんな困難な状況でも人生を切り開くことができます。

時代は違えど、チャップリンの人生から学ぶことはあるように感じます。

-成功者に学ぶ

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5