コラム

25歳から40歳の間の仕事が人生で最も有意義。

ウイリアム・オスラーという医学教育の基礎を築いたカナダの医師は、以下の言葉を残しています。

25歳から40歳の間に行われる仕事が、最も有意義である。

それを裏付けるものとして、博多大吉さんの「年齢学序説」という本があります。

この本の中では、26歳と38歳という年齢が重要であることが述べられています。

アインシュタインが相対性理論を発表したのは26歳

ビルゲイツが世界長者番付で1位になったのが38歳

ガンジー、マザーテレサが社会貢献活動をはじめたのが38歳

・・・などなど年齢を軸に論を展開しています。

かつて芸人の上岡龍太郎さんは「26歳までの経験と知識、発想がその後の人生を左右する。」と言っていました。

オスラーの言うのが、正しいのかもしれません。

-コラム

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5