コラム

公務員の働くモチベーションはどこにあるのか?

給料はたいして高くない。

安定してはいるものの、たくさん稼ぐことはできない。

国民のために、地域住民のために、と口では言うものの本当なのでしょうか?

公務員全員がそのような聖人ばかりではありません。

中にはそんなボランティア精神を持った、福祉そのものみたいな人もいるかもしれませんが、自分の周囲では見たことがありません。

では、公務員の仕事のモチベーションはどこにあるのでしょうか?

結局のところ人間の「承認欲求」が行き着く先です。

住民や組織内で「ありがとう」「すごい」と思われたい、「役に立った」と思われたいのです。

「承認欲求」を満たしてくれるのが、「人事」なのです。

重要ポストに配属されることでモチベーションを保ちます。

給料は気にしてもたいして変わらないから気にしません。

気にするのは、どこの部署にどういったポストで配属されたかです。

なので、モチベーションの保てないような人事をしてしまうと公務員は終わりです。

病気休職者を病休明けに、総務課や財政課なんかに抜擢したりしてしまうと組織のモチベーションは下がります。

人事給与の担当課が公務員のモチベーションの全てを握っていると言っても過言ではありません。

-コラム

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5