コラム

自殺とは親の代理死である。

目立つ報道

最近、マスコミで自殺に関する報道が増えています。

著名人の自殺が増えていることや新型コロナによる

慢性的な疲れにより自殺者の増加が危惧される

ことなど様々な要因があります。

吉本隆明氏の整理

戦後思想界の巨人と呼ばれている吉本隆明氏は

著書「ひきこもれ (SB新書)」の中で、

「子どもの自殺とは親の代理死である」と述べています。

自殺する子どもは、育ってきた過程の中で傷つけられています。

そして、傷ついた親に育てられた子どもは傷つきやすいというのです。

子ども自身が「自殺をするほどの体験」

をすることは考えにくく、結局は親の真似として

自殺を選ぶのだと言います。

大人になって親の代理死をしたと

考えられる人として、吉本氏は、太宰治や

三島由紀夫をあげています。

彼らは、傷ついた子どもがそのまま大人になり、

自殺をしたという側面があるというのです。

そういったケースでは、「自殺とは親の代理死」

ということが言えるでしょう。

誰の「代理」と言えるのか?

自殺は本人を責めることはできませんし、

かと言って家族ばかり責めることもできませんが、

「代理死」という考え方をすれば、家庭を含め、

様々な環境によって、関わったものの代理と捉える

ことができるのかもしれません。

-コラム

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5