コラム

「表題」と「標題」どちらが正解?一歩先をいくビジネス用語の使い分け。

メールでよく使う「ひょうだいの件」

ビジネスメールでは頻繁に「ひょうだいの件」という言葉を使います。

あなたは「表題の件」を使いますか?それとも「標題の件」を使いますか?

「「標題の件」を使っている」というあなた、

実はそれ、間違っているかもしれないのです。

「表題」と「標題」の違い

「表題」と「標題」の違いは以下の通りです。

「表題」:タイトル。

「標題」:見出し。

「表」と「標」の意味については以下の通りです。

「表」:人目につく面

「標」:目印

例えば、ホームページの記事で言えば、タイトルは「表題」で、記事内の見出しは「標題」です。

この記事で言えば、

「表題」は、「表題」と「標題」どちらが正解?一歩先をいくビジネス用語の使い分け。」で、

「標題」は、「メールでよく使う「ひょうだいの件」」です。

正解は「表題」

・・・ということは、メールで返信する際、

「ひょうだいの件について、添付のとおり回答します。」というのは

「表題の件について、・・・」というのが正解なのです。

「標題」だからと言って、大間違いではないですが、小間違いではありますので、

次回からは「表題」でメールするようにしていきましょう。

-コラム

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5