用語

デジタルツインをわかりやすく解説

デジタルツインとは?

デジタルツインとは?

IoTやAI、ARなどの技術を用いて、仮想空間に現実空間を再現し、あらゆるシミュレートを行い、将来を予測することを可能にする技術のことです。

「デジタルの双子」を意味しています。

現実空間をデジタル上の仮想空間に「双子」のように再現することから、このようなネーミングとなっています。

デジタルツインの具体例

デジタルツインの具体例として、次のようなものがあげられます。

  • 新製品の開発に膨大な時間や費用がかかっていたものが、デジタルツインを活用することで低コストで実施できる
  • 製造業のラインでリアルタイムに情報収集し、分析をすることでトラブルが起きた場合の早期の対応が可能になる
  • デジタル上に仮想都市を作成し、情報収集し、シミュレーションをすることで災害対策や生活環境対策(渋滞緩和など)が可能になる

デジタルツインに期待される点

デジタルツインに期待される点として、以下のものがあげられます。

  • コストダウン(新製品・新サービスの開発など)
  • 時間短縮(情報収集、分析などに要する時間の短縮)
  • 質の向上(製造業の設備保全や商品・サービスの改善などでの活用)
  • イノベーションの可能性(多くの実験が可能になり、新たなサービスを生み出す可能性がある)

最後に

デジタルツインは様々な行政分野でも活用が期待されています。

災害対策や都市計画、住民の生活環境など様々な分野での活用が進んでいくでしょう。

今後のDX(デジタル・トランスフォーメーション)の鍵になってくるかもしれません。

-用語

© 2022 公務員ドットコム Powered by AFFINGER5